職務上請求書について

税理士は戸籍法及び住民基本台帳法により、弁護士や司法書士等とともに限られた資格者の一つとして職権で戸籍謄抄本、住民票の写し等を取り寄せることができます。これは法律によって職務上の守秘義務が定められており、プライバシーの侵害等につながらないという前提により例外的措置として認められているものです。

職務上請求書用紙は2種類あります
  1. 職務上請求書

    通常の税理士業務において使用する請求書になります。
    交付については本会及び支部(麹町、荻窪、練馬西は除く)で取扱っています。

  2. 請求書(税理士業務以外)

    税理士が成年後見人等に就任しているとき、その業務において使用する請求書になります。 本会のみの取扱いになります。
    (※現に当該請求をする職に就任していないときは交付を受けられません。)

※注意事項※ 平成24年7月9日に「住民基本台帳法の一部を改正する法律」が施行されたことを受け、現在はクリーム色の職務上請求書になっています。

あさぎ色の職務上請求書は平成25年4月以降使用できません。お手元にある場合は適正に廃棄し、新たに現行クリーム色の職務上請求書を交付申請してください。

現様式(クリーム色) 
旧様式(あさぎ色)

参考 総務省HP「外国人住民に係る住民基本台帳制度について」
 http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/c-gyousei/zairyu.html

適正な管理のお願い

用紙の交付請求及び使用・管理に当たっては、用紙の目的外使用やコピー等の不正使用をしないよう、十分留意し適正に管理してください。
※不正使用が判明した場合、戸籍法違反等で罰せられる場合があります。 

 使用上の注意事項はこちら

 事務所管理台帳(第4号様式)

購入方法(※東京税理士会会員を対象としています)

1.本会に来会される場合持参いただくもの
  •  交付申請書
  • 税理士証票
  • 印鑑(認印可)
  • 代金(1冊10枚綴りで100円) ※1か月間で5冊までの制限あり(支部は2冊まで)

注1)事務所職員等代理の方が来会される場合は代理の方の身分証明書(顔写真入り)及び印鑑(認印可)も併せてご持参ください。

注2)税理士法人として請求される場合には、①代表税理士の証票のコピー、 ②登記事項証明書または代表者事項証明書(申請日から3か月以内に発行)が必要となります。 なお、郵送で請求される場合も①・②の書類が必要になります。

2.郵送にて交付を希望する場合
  •  交付申請書
  • 税理士証票の写し
  • 職務上請求書用紙代金(1冊10枚綴りで100円。現金、切手、定額小為替いずれも可))
  • A4サイズが入る返信用封筒
  • 冊数に応じた返送用切手を予め貼りつけてください。(下記参照)
冊数 1冊 2冊 3冊 4冊 5冊
返送料 140円 205円 250円 250円 380円
郵送先
〒151-8568
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-10-6 東京税理士会館3階
業務課