Web 情報通

税理士情報フォーラム2015開催報告(平成28年1月4日更新)

 平成27年10月13日(火)、本会情報システム委員会は「マイナンバーと情報セキュリティ」をテーマとして「税理士情報フォーラム 2015」を開催し、300名弱の方にお越しいただきました。

税理士のためのスマートデバイス活用術(平成27年4月1日更新)

情報システム委員会委員 中臣 豊


昨今、世間ではスマートデバイス(スマートフォンやタブレットなどの端末)、そしてクラウドが流行っているようです。テレビCMでもクラウド会計ソフトの広告が出始めており、スマートデバイスとクラウド関連ソフトを利用していくことで、業務の効率化を推し進めることができるのでは?と考える方もいらっしゃるかと思います。そこで、今回はスマートデバイスの税理士事務所での活用方法を考えてみます。

「業務で使える!税理士のためのIT入門」をアップしました。

スマートフォン・タブレットをお持ちで持て余している方はいませんか? この冊子は、東海税理士会情報システム委員会が製作したものをご厚意により掲載し ています。とてもわかりやすく、アイデアが満載の内容となっています。是非ご活用 ください。

 「業務で使える!税理士のためのIT入門」はこちら

12年後のイーダくん -シナリオ未来の税理士事務所-(参考文献目録を更新しました

税理士向け電子申告入門マンガ「イーダくんがゆく!」の著者、東海税理士会三島支部の井原会員が電子申告の先にあるであろう業界の未来をイメージしたシナリオを書き下ろしてくださいました。このシナリオはIT新技術による、税理士業務の未来像を描いたものです。舞台の設定は、12年後(平成35年)の世界です。ここで紹介するXBRL-GLは、税理士の生産性と社会的な地位を劇的に向上させうるキラーアプリケーションです。この技術により変貌する、税理士の可能性を御覧ください。

「税理士のためのiPad講座 -税理士事務所ではこう使う-」(1月23日ミニセミナー)

本会情報システム委員会では、委員会開催日に、委員を講師とした会員・事務所職員向けミニセミナーを開催しています(Ustreamによるライブ配信も実施中)。今回のテーマは、前回に引き続きiPad、新型も登場し、ますます我々の生活に欠かせないものになってきました。