HOME お知らせ 税理士の方 日税連「第7回 税理士実態調査」の実施について(事前周知)

日税連「第7回 税理士実態調査」の実施について(事前周知)

税理士の方

 今般、日本税理士会連合会(日税連)では、平成26年及び令和4年における税理士法改正を踏まえ、税理士会員及び税理士法人会員の実態を把握し、今後の税理士制度の発展に資すること、税理士事務所及び税理士法人の経営の合理化・向上に資すること、本会等における会務の円滑な運営のために資することを目的として、「第7回税理士実態調査」を本年4月に実施することとなりました。
 この実態調査の結果は、税理士業界全体の共有財産として貴重な資料となり得るものですので、多くの会員から回答をいただきたく存じます。

 本調査は、令和6年1月1日現在の全ての税理士会員及び税理士法人会員を対象とし、日税連ホームページに設ける特設サイトにてWeb回答をお願いするものです。

 なお、3月下旬に全会員へ調査書を日税連より直接発送いたしますので、書面による回答も可能となっております。

 つきましては、会員各位におかれては、業務ご多端の折柄恐縮に存じますが、本調査の趣旨をご理解いただくとともに、本調査への回答につき、何卒ご協力くださいますようお願い申し上げます。

※特設ページが開設されましたら、お知らせいたしますのでご回答くださいますようお願いいたします。

(参考)過去の実態調査結果はこちら(日税連HP会員専用ページ)をご参照ください。
    
https://www.nichizeiren.or.jp/member/data-library/system/property_value/

ページトップへ戻る